ナビゲーションをスキップして本文へ
ここから本文です

ニュース&トピックス

第2期ハウス施設建設決定のお知らせ

2009年07月14日
農業生産法人株式会社ベジ・ドリーム栗原は、宮城県栗原市に、2ヵ所目のパプリカ栽培施設を建設し、事業規模を拡大いたします。

豊通食料は、2008年7月、国内農業参入の起点として、「ベジ・ドリーム栗原」を地元農家と共同で設立いたしました。現在、宮城県栗原市において、0.7haの大型鉄骨ハウス施設(通称:エアハウス)を建設、国産パプリカ栽培事業を進めており、2009年6月には初めての収穫期を迎えました。
このたび、昨今の国内における野菜の生産拡大・強化の動きに鑑み、"新鮮・美味しい""安心・安全""地域社会振興・地域社会貢献"を目的に、国産野菜の需要に応えるべく、2ヵ所目の施設建設を決定いたしました。

<第2期ハウス施設概要>
生産地: 宮城県栗原市高清水
事業規模: 用地面積 6.2ha
栽培面積4.2ha(パプリカ栽培で日本最大規模の施設)
施設形式: 大型鉄骨ハウス
栽培方式: 養液栽培
竣工時期: 2010年3月(予定)